ニュース

2020.04.08(水)新型コロナウイルスに対するJPFAの取り組みについて

JPFA(日本プロサッカー選手会)では、改めて、会員である選手に向けて感染予防と蔓延防止を呼びかけています。

・手洗い/うがい/消毒を徹底
・街中への外出を避ける
・外食は控える
・活動地域外への遠出をしない

など、選手同士で声をかけ合いながら予防対策を一丸となって徹底するようお願いをしています。

公式戦の再開予定も更に伸び、我慢の日々が続く事となってしまいましたが、サポーターの皆様、支えて下さる皆様と一緒にこの状況を乗り越え、良い形でリーグ戦再開の日を迎えられるようにしたいと考えております。

また、各クラブの選手会長や選手にも引き続きヒアリングを実施しています。
各クラブの現状や選手の様子を随時確認し、チームや個人が感じる不安に寄り添って、素早く対応が取れるようにこれからも準備して参ります。

この危機的状況の中、地域社会やクラブへの貢献を選手が模索する動きも出てきています。
行動の仕方はクラブや選手によって様々な考え方があります。

報酬などに関連する案件は、Jリーグ、クラブとJPFAが向き合って協議をしていく必要があるものと考えています。貢献の形は一つではなく、ホームタウン、クラブ、選手が置かれた状況も考えながら、それぞれが導き出した事を地道に行っていければと考えております。

カテゴリ

アーカイブ

2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009