ニュース

2011.02.23(水)日本代表選手待遇問題について<藤田俊哉会長コメント>

『私もJPFA事務局も、昨年から両会長での直接会談を要望するなど、誠実な話し合いでの問題解決を求めてきました。しかし、会談を要望しても断られ続けてきました。そして、対話を求め続けてきたのにもかかわらず、昨日のJFA側からの一方的な会見には本当に驚いています。

 しかし、見解が違うとは言えJFAが情報を開示したことを前向きに捉えると共にJFA側の文章を読む限りでは、今後は選手の意見を取り入れるとの事でしたので、断わられ続けている直接会談も実現できると捉えています。

 また、選手会としては今回の代表問題に限らず、年金退職金制度の早期実現など、様々な要望をJFAに出しています。引き続きJFAにはより細部にわたる情報開示を求めると共に話し合いを続けて参ります。』

会長 藤田 俊哉

※なお、JFA側の情報公開を受け、当会の見解(詳細データ)につきましては、後日リリース予定です。

カテゴリ

アーカイブ

2022
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009