社会貢献活動

2010.07.29(木)川口能活選手がHIV母子感染予防キャンペーンに賛同[磐田]

現在国連では、「国連エイズ合同計画」という、HIV母子感染対策のため地球的行動を推進する機関を設け、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大 会から2014FIFAワールドカップブラジル大会までの間、「ソウェトからリオデジェネイロまで、赤ちゃんをHIV感染から守るため、エイズにレッド カードを」というスローガンのもと、HIV母子感染予防キャンペーンを実施されています。

このたび、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会日本代表のチームキャプテンを務めた、ジュビロ磐田の川口能活選手(GK/1)が、「国連エイズ合同計画(UNAIDS)HIV母子感染予防キャンペーン」に賛同いたしましたので、お知らせいたします。

カテゴリ

アーカイブ

2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月